「やらずに後悔するのが1番怖い」

 

こんにちは、真山あずさです。
今日のメルマガは少し重い内容です。
読める方のみ先に進んで頂けたらと思います。

人は、自分の死を悟った時に「死の受容プロセス」を辿ります。

・否認
・怒り
・取り引き
・抑うつ
・受容

最後に自分の死を受け入れる事ができても、
これまでの人生を深く後悔するシーンを、
看護師として実際に見てきました。

ある癌患者さんと関わった時のお話です。
まだ40代後半で、若い男性でした。

家庭を大事にし、2人の小学生の子供を有名私立小学校に通わせてらっしゃいました

癌宣告を受ける前から、
自分の体調の変化に気づきながらも、
サラリーマンとして休めず、
受診が遅れてしまったケースです。

この方の後悔は、
「もっと早く受診しておけば良かった」
ではありません。
「子供達に犬を飼ってあげれば良かった」でした。

2人のお子さんが揃って犬が欲しいと言ってましたが、
彼は猛反対していたそうです。

ある日彼に理由を聞きました。すると、
「ペットは自分達より先に死ぬ」
自分の死と照らし合わせているかのような返答に、
涙をこらえながら、

「今からでも遅くないと思いますよ」
と返答し、彼の後悔のお手伝いを全力でしました。
主治医に事情を説明し、奥様を説得し、
外出の手続き、痛み止めの手配などなど・・・

痛みで歩くこともできませんから、
車椅子でそのまま乗れる介護タクシーの手配も必要でした。

私達がバタバタと手配をしている最中、
塾帰りに面会に来たお子さん達と、
笑顔でタブレットを囲み、
「どの犬にしようか」と覗きこんでいる姿が、とても印象的でした。

後日無事数時間の外出中に、トイプードルを飼ってこられ、
笑顔で子犬の写真と共に報告してくれました。

死は誰にでも必ず訪れるものです。
人生の中で死ぬことが最大の後悔ではなく、
「やらずに後悔するのが1番怖い」
と言う事を、この方を通じて学びました。

あなたももし、やりたいけどやっていない事があれば、
すぐ実践し、後悔しない人生を送って欲しいと思います。

PS、
先日募集したランチ会、人数達した為募集終了とさせて頂きます。
お申込み頂いた方、ありがとうございます!
当日お会い出来るのを楽しみにしています^^

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

元育児ノイローゼ2児のママが子育てしながら楽しく稼ぐ☆彡
メルマガはこちら(o^^o) gazou2
無在庫輸入

真山あずさTwitter


 

応援して頂けたら嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ にほんブログ村

お問い合わせ・コンサルティング依頼などは下記フォームから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文